愛がたどりつく場所

完全なるぱる!フラットににのみやくん!

最後のマイベストジャニーズ楽曲大賞2023

 
どうも。今年が終わります。秒かよぉ…。
ジャニーズ事務所がなくなるということで、とりあえずジャニーズ楽曲というのは今年で最後になります。
そんな最後の年、私的な今年一年のベストソングを1〜10位で挙げた備忘録です。

 

10位:King & Prince / なにもの
キンプリが二人体制として再始動した初のシングル。ドラマ後期主題歌であることが先に解禁され、連ドラは元々追いかけていたのでどんな仕上がりなんだろうと思っていたら意表を突かれました。影のない晴れやかな楽曲がまさに二人への応援歌にもなっているし、私たちファン側も一緒に階段を登って行こうとする等身大の歌だなぁと思います。そして今まではキンプリ5人全員のユニゾンからは気づかなかった、永瀬くんと髙橋くんの二人の声が重なるユニゾンはすごく安定感があるなーと分かりました。こう高すぎない声質がこれからどれだけ歳を重ねても歌いやすい楽曲が多くなりそうだなと思います。二人ともすごく特徴的な声質なんですが、ユニゾンになると急にまとまりがでて、かなり良いバランス感だと思う!
最新の「MAGIC WORD」も私の中ではグッとハマる曲なので、バラードよりもこういうポップスやクールな曲がとても似合うんじゃないかな。ファンのことを想ってこの道を歩んでくれた他ないだろうし、温かい二人だなと側から見ていて思います。応援してます!これからもキンプリに良い曲ください!
 
 
 
9位:SexyZone / 本音と建前
ずるい。ずるすぎる。まさか林檎嬢が楽曲提供するなんて思ってなかった。というか、提供するような楽曲がハマるわけないと思っていた。以前東京事変としてTOKIOに「雨傘」が楽曲提供がされたことがありこれがまた最高ソングなんですが、今誰に提供するよ…!?と思ったらSexyZoneで、なるほど…と変に納得した。林檎嬢がこの曲を提供するにあたってセクゾへの想いを綴った文がとても素敵です。
最初ドラマのエンディングで聴いた私→んぁ???全然聴こえん!?なんじゃ!?
CDTVでパフォーマンスを初めて見た私→なんじゃこの曲??声加工されまくり!?よくわからん!?
数回パフォーマンスを見た私→サビの中毒性やべえ…!!?なんじゃこの曲…!??
ずっと「なんじゃこれ」感があるんですが、だんだん癖になってくる「なんじゃこれ(すげえ)」感が増してくる。Creamとはまた別物で、だけど全く別物とは思わない大人のセクゾの同じ系譜にある気がして、良い歳のとり方をするって無敵だな〜〜と思いました。
 
 
 
8位:ジャニーズWEST / POWER ※リリース当時のグループ名
一気にアルバムを借りた時に聴いたリード曲。アルバムの中では膝銀座」「Rewind It Back」あたりのメロがおしゃれで好きだったんですが、結局この一曲目のパワフルさが癖になる気がしました。「しんどいもめんどいもスパイシー調味料」「おNEWの自分へ 生まれ 変われ さあ 出逢おうぜ」という変なサビのメロディー、YOASOBIみたいな無理あるメロなんですがこれが癖になる。溢れ出る勢いと一切影のない光属性感は、今WESTしか歌えないと思います。それが存分に活かされた楽曲です。
ジャニフェスの現場でカウコン以外で初めてちゃんと色んなグループのライブを見ましたが、会場を煽りで揺れるように一番盛り上げていたのはWESTだったなぁと思い出します。あと前に試聴感想文としても出しましたが、WESTのユニゾンは小瀧くんの歌声を中心に肉付けして厚みをつけている気がして、それがいい味だしてるなといつも思う。良いユニゾン

 

 
 
7位:Travis Japan / Candy Kiss
たしかテレ東の音楽祭?で披露してたのが初見でした。まずとにかく振り付けがすごく良い。この曲の色っぽさとアイドルらしさを取り入れた振り付けに、K-POPのソレ的なカメラワークを通してメリハリが生まれるフォーメーションを組んでいる気がします。円を描きながらスタンドマイクを渡していくそれぞれの見せ場が生まれる間奏パートとか、ものすごく流れが綺麗。あとたしか七五三掛さんの二番冒頭あたりのマイケルっぽい振り付けのところもすごく良い。
「Candy Kiss」ってタイトルがもう既にずるくないですか?タイトル名発表されただけで勝ちのやつやん。メルティーキッス並みの絶対アイドルに歌ってほしいタイトルやんこれまでトラジャさんのリリース曲は洋楽志向のわりに私にはそこまでグッと掴まれるものがなかったのですが、ここに来てこれだよこれ!こういうのもっとやって!!となりました。このシャレニューレトロゾーンを攻められるアイドルって世界的に見てもまだあんまりいない気がする。
 
 
 
6位:SexyZone / Cream
春にリリースされ、春!って感じのMVに、春!って感じのメロディーが心地いい。アーティストのiri,Yaffleの提供曲。とにかくサビのつい口ずさんでしまいたくなるようなキャッチーで気持ちいい爽やかで甘いメロディーが大好きです。後ろでなっている音がすごく爽やかでありながら甘ったるくてキュート。こんな普遍的な作られた感の強いただのスタジオセットの中なのに、MVの見せ方がすっっごく良いと思います!!どのシチュエーションも素敵。ディレクター誰ですか??女の人っぽい感覚がある気がする…。
「甘く溶けて あふれるほど 愛しくてやるせないけど」というサビ入りの歌詞に「Cream」という曲名、なんだか桜の下のカフェのベンチのカプチーノを想像させるようなオシャレな雰囲気が漂っているのです。パステルカラーのような歌…セクゾの柔軟なユニゾンにも映える年中通して聴きたくなるような曲だと思います。
今知ったけどサムネイル、めちゃくちゃいいね???セクゾって感じがする。
 
 
 
5位:SixTONES / 人人人
気になっていた事務所グループのアルバムを一気にツタヤレンタルした中にあったアルバム「声」の収録曲。「こっから」と同じアーティストの楽曲提供で、妙に納得してます。多分この曲が成功していなければ「こっから」は続かなかったんじゃないかとも思うので。この曲のスターでありながら緊張を抱えているそれを手のひらに書く「人人人」というまじないをテーマにしているところも親しみがあってかっこいい。
 
これまた気だるげなラップリレーで繋いでいく楽曲なんですが、メンバーのラップの上手さとバラバラの声が集まった時の雑多なユニゾンがいい味出してる。ラップってリズム感が全てじゃないんだな。全員ユニゾンそんでShowの向こうにひとっ飛び 見せてあげるよあなたに Light&Dreams」直後のジェシー「Gotta be your stars... 震える手を抑えながら」のメロがめちゃくちゃ気持ちよくてズシンときます。こうやってスペシャルセッションをあげてくれるSONYマジですごい。すごくいい。
 
 
 
4位:KAT-TUN / Love Lots Together
Love Lots Together

Love Lots Together

  • provided courtesy of iTunes

お題箱でフォロワーさんに教えてもらったKAT-TUNのオススメのシャレ曲。私が好きな系統をわかってらっしゃる…!という正にズバンとくる曲をオススメしてもらいました。KAT-TUNが歌うと爽やかな曲もなぜか色っぽくなる。メロディーが軽やかで明るめなんですが、薄紫って感じの色っぽさが残ってる。どこを切り取ってもメロディーがかなり好きで、サビに盛り上がっていく展開がお手本のように綺麗だなーと思います。私が好きな曲の展開!!

サビの入り「変わっていく〜のアテンションがオシャレ!亀さんソロ「信じて真実編もう」の連符と音の半音くらい落ちていくところが気持ちいい!オシャレ!あとサビ締めの「we can link hearts」のコーラスが、そうくるかー!オシャレー!(YTでは3:22あたり)と私のオシャレセンサーに触れて脱帽したくなるので(すぐ脱帽する)、サブスク民は是非サビだけでも聴いてもらいたい。

 
 
 
3位:KAT-TUN / Fantasia
Fantasia

Fantasia

  • provided courtesy of iTunes

KAT-TUNのアルバム曲が私的にアッッチイ。前作のhoneyに続きサブスク解禁がされている「Fantasia」。やっぱりサブスクが解禁されていると気軽に"聴いてみよう"という気持ちが起きやすいです。そんなアルバムのリードとなる楽曲なんですが、この曲も展開力と歌のパート割りがすごい。

サビまでのABメロはもうK-POPの女性アイドルの曲です、男性ではなく女性アイドルの曲。近年のKAT-TUNって歌割りが秀逸だと思っていて、それぞれの声質や歌い方の癖を十分に発揮できるパートを歌い分けている強みがある。それぞれがそれぞれにしかできないパートを職人芸でこなしている感覚。この曲もサビのケツに向かって徐々に盛り上がっていく展開がゾクゾクする。あと私は嵐の次に好きなユニゾンはいつの時代もKAT-TUNなのですが、上田くんの声質がとても好きです。上田くんのKAT-TUNのホームにしか見せないアイドルっぷりが、ファンをなによりも信頼していてめちゃくちゃ良いな!と思います。この湿り気のある艶やかさはKAT-TUNにしかだせない唯一無二だなぁ…とため息が出る。

 
 
 
2位:SixTONES / Drive
今年はSixTONESKAT-TUNの年ですか??これもたまたまラジオを聴いていた時にCMで流れてきた。「!?なんかSixTONESの靴?っぽいラジオCMの後ろで流れてる曲めっちゃ洒落てるな!?」と思ってお題箱でフォロワーさんに教えてもらったら、通称ドンエバぶりのガラスバリーン曲「ABARERO」カップリング曲でした。全編通して曲の気だるげな雰囲気と縦揺れと横揺れが混ざったようなリズム感がクセになる。とにかくメロディーと、"ドライブ"というテーマが勝ち。現代のドライブでかけたい曲を熟知しているかのような。
あと何度も言いますが私は森本慎太郎くんの甘くて艶っぽい歌声がめちゃくちゃ好きなので、この曲も二番で良い歌割りもらってて、よっしゃ!となりました。森本くん出だしか二番で超良い歌割りもらってること多くないですか?モー娘。プラチナ期の亀井絵里ちゃんを思い出す(なぜか)。かなり万能な歌声だと思うのでもっと評価されてほしい。
それにしても2023年のSixTONESが強い。SONYSixTONESに対する熱量と、SONYに応えるようにSixTONES自身が音楽活動に重きを置いている意志を強く感じます。いや応えてるのは反対か、その熱量の高さにSONYが盛り上がってる相乗効果。そんな音楽活動に整った環境が羨ましいと思っているグループも多いんじゃないかな。ただ私の中ではハマらない曲とハマる曲の差が激しいです!笑
 
 
 
 
1位:SixTONES / こっから
今年の私の転機を救ってくれた一曲です。何気なくドラマを見てOPで流れた曲、誰この良い曲…!?って思ったらSixTONESで脱帽。その衝撃がめちゃくちゃデカかったです。
個人的な話ですが、私の働いている業種は激務で有名でツイートでもかなり心配していただくことも多かったのですが(笑)、仕事が好きじゃないと続けられないような業界です。繁忙期は連日深夜タクシーで帰ったり、もはや会社で仮眠したりぶっ通しで始発で帰ったり、帰宅後や土日も当たり前に連絡や打合せに追われたり、代休もちゃんと数えられてないし夏季休暇が冬休みになったり(休み取らなすぎて有給消化にさせられることもあった)。ただみんな人が良かったのと後輩が辞めていく責任感だけでなかなか辞められず、新卒からずっと今の会社で働き続けていました。上の世代が詰まりすぎてある時から昇給できずに仕事量だけ年々増えていくことと、こんな状況で月150時間近く超過しても超過残業代は出たことがない、実務内容が私に向いてない(本末転倒)ことでもう限界が近づいていたのと、たまたま私がずっと希望していた仕事の求人があり、同じく人が良さそうな会社でそのまま上手く採用に進んだため、ついに辞める決意をしました。めちゃくちゃ止められ、辞める時期もめちゃくちゃ揉めたのですが、退職側はこういう時強いんですね…。
仕事のモチベーションって、色々犠牲にするけど好きな仕事で働くか、仕事は好きじゃないけどプライベートを充実させるために働く、の大まかに二択かなと思っていて(そりゃどっちも条件が揃う仕事が一番良い)、私のまわりは圧倒的に後者が多いのですが、私は多分前者です。友人からはそんな会社早く辞めなと散々言われてきましたが、やばいのはわかってるけど、自分の好きなことじゃないと働き続けられないと感じている自分がいました。そんな時に、
「これだけじゃやれねぇってわかってる でもこれしかねぇからこれにかかってる 間違ってる未来でも俺には光ってる」「劣等も嫉妬も叱咤なる燃料」
特にここの歌詞がそんな自分の状況にブッッッ刺さった。間違ってるかもしれないけど、私にはこれしかないしこれしかできないし、この仕事が好きだと思えてることを自分が働く上で大事にしたいんだなと。辞めるかもしれないと転職に動き始めエージェントと面談した日、今の会社に面接を受けに行く日、会社に辞めることを告げる日、自分の意思を貫こうと決意し退職の面談に臨んだ日。自分は大丈夫だと、決断して前進する時が来たんだと、その大事な瞬間瞬間でこの曲を聴いて暗示させるように鼓舞していた気がします。
仕事ばかり優先して、そのせいで色んなことを諦めてきました。そんな状況が当たり前になっていましたが、責任とかの前にまず自分の人生をちゃんと大切にしなきゃだめだなと思いました。ただ今の会社の条件がなければなんだかんだ潰れずにまだ前の会社で働いていたと思うので、そういった巡り合わせも重要だと感じます。今は自分を大事にしながら、好きな仕事を好きなようにできていると思います。私はこれから数年間の失われた自分の人生を取り戻しながら新しい毎日をこなすのだ。大変だけどゾクゾクします。なんのせいか知らんが、忍耐強いんでね!!!
最初はメロディーとラップリズムの巧みさで第一印象のインパクがすごいと思っていたのですが、歌詞を見れば見るほど自分のことでしかなくてもはや泣けてくるの、山ちゃんと私だけかもしれない。山ちゃんだったのかよ私。SixTONESのみんなラップが上手くてこの難易度と熱量の高い曲を扱いこなしているところが単純にすごいと思います。私は純恋歌をどこ聴いても全てがサビのウルトラキャッチー鬼展開の神曲だと思ってるのですが、この曲も同じ雰囲気を感じる。良い曲!この曲にSixTONESが出会ってくれて、私に出会わせてくれてありがとうございます!個人的な話長!!
 
 
 
ということで私の2023年ジャニーズソングベストはこちらになりました。
1位:SixTONES / こっから
2位:SixTONES / Drive
3位:KAT-TUN / Fantasia
4位:KAT-TUN / Love Lots Together
5位:SixTONES / 人人人
6位:SexyZone / Cream
7位:Travis Japan / Candy Kiss
8位:ジャニーズWEST / POWER
9位:SexyZone / 本音と建前
10位:King & Prince / なにもの
 
このあたりも次点で迷いました。
Hey!Say!JUMP / PULL UP
Hey!Say!JUMP / Tiki Don
KAT-TUN / Lament
SixTONES / Cat Call
King & Prince / MAGIC WORD
JUMPくんはこの間アルバムがリリースされたのでちゃんと聴けておらずでした…幼馴染が貸してくれると思う。そういえばずっとセクゾの今年リリースされたアルバムが貸出中でレンタルできなくて聴けなかったな…。気になるものはどんどんチェックしていきたいので、来年もぜひおすすめ教えてください。
 
 
そんなこんなで勝手に一幕が閉じてしまったジャニーズ事務所に合わせ、「マイベストジャニーズ楽曲大賞は今年で最後となりました。
私自身ジャニーズに出会わなければ、嵐に出会わなければ本当にどうしようもなくて本当につまらない人間だったと思います。それくらい嵐は私の幼少期の性格やバラエティや心の知能を形成してくれました。何度も言ってしまいますが、私は子供の頃ジャニーズというキラッキラしたザ・王道男性アイドル文化のアイドルグループを好きになってしまったことが本当に心底恥ずかしかったです。恥ずかしくて誰にも言えず、コソコソと番組を見たりCDを予約したりネットを徘徊したりしてました(1年くらいで親にバレてFCに入れました)。今となっては良い思い出ですし、そんな小さい頃から彼らを好きになれたのは、実は私はめちゃくちゃ見る目があるな!!と自信を持って声を大にして言えます。そして活動休止という足を止める判断をした今も、私の環境変化の選択に大きく影響しているはずです。
そんな嵐を見出してくれたジャニーさんにも私は感謝したいのです。エンタメに罪はないと思ってるので。嵐がいなければ今こんな記事書いてないですし、ツイッターなんかもやってなかったし、そんなコミュニティで知り合った大好きな方々とも出会えなかったんだよな、と考えるとやっぱり全てのきっかけは嵐にあり、嵐が作られたのは紛れもなくジャニーさんのおかげであるのです。ジャニーさん嵐に可能性を見出してくれてありがとう。
選択肢の幅が広がりすぎて情報に追いつけずどこまでが私の守備範囲になるのか、何が何だか毎日よくわかってません。まだちゃんとFCからきた動画も見れていないので、会社名がなんと読むのかもわかってません。なんかちょっと、疲れちゃいましたね。情報を追いかけるのに疲れて、そのせいで自分が理解ちゃんとしてないから何が正解かわからなくて、疲れて考えるのが面倒になってしまう、思考停止した状態です。年末年始にでもゆっくり考えると思います。とにかく今年は残りの時間事務所のみなさんもゆっくりやってください。
 
来年もどんな曲がでるのか、楽しみです。
これまでと変わらずに陰ながらずっと見てます。
 
 
そうだ!たまに昔の記事をどこやったのか聞かれることがあったのですが、使用許可で忠告を旧事務所から受けた記事は何個か非公開にしています(私のはしくれ記事なんか見られてたのかよ…)、すみません。下書きには画像以外まるっと残してますが、大抵はその時に熱量高く伝えたいことだったのでわざわざ今UPし直さなくていいかなと!
 
また書きたくなったら新しい未来を書いていきます!なんかかっこいい!